本文へスキップ

東京堂千代田ビル


昭和52(1977)年に竣工したビルで、高さは20階、延床面積は34,140uです。建築主は(株)東京堂と(旧)太陽神戸銀行で、設計は(株)日建設計、施工は鹿島建設(株)です。

竣工当初は(旧)太陽神戸銀行が東京営業部として使用していました。その後、太陽神戸三井銀行→さくら銀行→三井住友銀行と変遷し、さらにその後、あおぞら銀行の本社・本店が入居していました。

あおぞら銀行は、昭和32(1957)年に長期信用銀行法に基づき「日本不動産銀行」として設立されました。そして、昭和52(1977)年に行名を「日本債券信用銀行」に変更しました。平成10(1998)年に「金融機能の再生のための緊急措置に関する法律」に基づく特別公的管理開始に伴い、東京証券取引所、大阪証券取引所への株式上場を廃止しました。平成12(2000)年、預金保険機構がソフトバンク株式会社・オリックス株式会社・東京海上火災保険株式会社(現東京海上日動火災保険株式会社)・その他内外金融機関に対し、本行の株式を譲渡し、特別公的管理が終了しました。平成13(2001)年に行名を「あおぞら銀行」に変更し、平成15(2003)年に本店をここへ移転しましたが、その後、千代田区麹町6−1−1のソフィアタワーに移転しました。


撮影日:平成25(2013)年5月


撮影日:平成25(2013)年5月


撮影日:平成25(2013)年5月


撮影日:平成27(2015)年6月


撮影日:平成27(2015)年6月


撮影日:平成27(2015)年6月


撮影日:平成27(2015)年6月


撮影日:平成29(2017)年2月


撮影日:平成29(2017)年2月


所在地:千代田区九段南一丁目3番1号

このページの先頭へ