本文へスキップ

法務省・検察庁


法務省旧本館(赤れんが棟)は、ドイツ人建築家ベックマンとエンデ両氏の設計で明治28年に「司法省」として竣工しました。その後、戦災の復旧工事等を経て、平成3〜6年に行われた保存改修工事により、創建当時の姿を復原しました。平成6年には外観が重要文化財に指定されました。

法務省旧本館
法務省旧本館  撮影日:平成21(2009)年9月

法務省旧本館
法務省旧本館  撮影日:平成21(2009)年9月

法務省旧本館
法務省旧本館  撮影日:平成21(2009)年9月

法務省看板 法務省・検察庁合同庁舎 検察庁看板
法務省・検察庁合同庁舎


法務省旧本館と桜  撮影日:平成26(2014)年4月


法務省旧本館ゲート  撮影日:平成26(2014)年4月


法務省旧本館  撮影日:平成26(2014)年4月


法務省旧本館  撮影日:平成26(2014)年4月


法務省旧本館  撮影日:平成28(2016)年4月


法務省旧本館と鯉のぼり飾り  撮影日:平成28(2016)年4月
動画(youtube)はコチラです。


法務省旧本館  撮影日:平成28(2016)年9月


法務省旧本館  撮影日:平成28(2016)年11月


法務省旧本館  撮影日:平成28(2016)年11月


法務省旧本館  撮影日:平成28(2016)年11月


法務省旧本館  撮影日:平成28(2016)年11月

所在地:千代田区霞が関一丁目1番1号(法務省)

このページの先頭へ