本文へスキップ

常燈明台


「常燈明台」は、靖国神社(東京招魂社)に祀られた霊のために、また、東京湾の漁船の目印のために、明治4(1871)年に建立されたとされています。はじめは靖国神社構内に築造されていましたが、その後、道路改修のため現在地に移築されました。

常燈明台
撮影日:平成18(2006)年12月

常燈明台
撮影日:平成24(2012)年11月


撮影日:平成26(2014)年3月


撮影日:平成26(2014)年11月


撮影日:平成27(2015)年3月


撮影日:平成27(2015)年3月


撮影日:平成29(2017)年4月8日

所在地:靖国通りの九段坂を上り田安門を越えた左側

このページの先頭へ