本文へスキップ

古民家


古民家(飯田橋三丁目4番7号)

目白通りを一歩入ったところに、近代的なビルに取り囲まれながら、いぶし銀のように存在するレトロなビルでした。明治印刷株式会社の社屋でした。このビルの対面には、かつて、同じくレトロな外観を持つ日本医科大学付属第一病院がありました。日本医科大学付属第一病院は、大正13(1924)年に開院し、その後、昭和6(1931)年に近世スパニッシュ装飾を施されたビルに建て替えられましたが、平成9(1997)年に惜しまれながら閉院しました。その後、平成17(2005)年に東京区政会館が建てられ現在に至っています。

この建物は既に解体され、その後、アパホテル<飯田橋駅前>が建設されオープンしました。


撮影日:平成18(2006)年10月


撮影日:平成18(2006)年10月


撮影日:平成18(2006)年10月


撮影日:平成18(2006)年10月


撮影日:平成26(2014)年4月


解体後の土地

撮影日:平成27(2015)年9月


解体後に新たに建設されたアパホテル<飯田橋駅前>

平成29(2017)年2月1日にオープン<全163室>  撮影日:平成29(2017)年2月


所在地:千代田区飯田橋三丁目4番7号

このページの先頭へ