本文へスキップ

JR御茶ノ水駅


慶長年間の頃、この辺りに高林寺という禅寺があり、ある時、寺の庭に湧き出る水を将軍秀忠公に献じたところ お茶用にとても良い水だとお褒めの言葉をいただき、以来、寺はお茶の水高林寺と呼ばれ、この界隈はお茶の水と呼ばれるようになったとのことです。

JR御茶ノ水駅は、1日当たり乗車人員が約10万人であり、中央緩行線(総武線)と中央快速線の乗り換えが行われるとともに、地下鉄とも接続する交通拠点の一つです。一方で、周辺に大学病院など大規模な病院が数多くあるにもかかわらず、バリアフリー設備が未整備であることが課題となっています。この駅は東西を聖橋と御茶ノ水橋、南北を茗溪通りと神田川に挟まれた狭隘な位置に立地しているため、バリアフリー整備等は、非常に難易度の高い大規模な工事となります。
今回、神田川上空の仮設桟橋から施工をすすめる工事計画がまとまり、バリアフリー整備をはじめとした改良工事に着手することになりました<H25.9.3 東日本旅客鉄道株式会社発表>。


ホーム
ホーム  撮影日:平成22(2010)年12月

御茶ノ水駅
撮影日:平成24(2012)年2月

御茶ノ水駅
撮影日:平成24(2012)年2月


撮影日:平成25(2013)年3月


御茶ノ水橋口  撮影日:平成25(2013)年5月


駅舎のバリアフリー工事ため神田川の上に設けられた仮設桟橋  撮影日:平成25(2013)年9月


撮影日:平成26(2014)年4月


撮影日:平成26(2014)年4月


撮影日:平成26(2014)年4月


撮影日:平成26(2014)年4月


撮影日:平成26(2014)年5月


神田川より撮影  撮影日:平成26(2014)年6月


撮影日:平成27(2015)年11月


撮影日:平成27(2015)年11月


撮影日:平成27(2015)年11月


撮影日:平成27(2015)年11月


撮影日:平成28(2016)年4月


撮影日:平成28(2016)年4月


撮影日:平成28(2016)年8月


撮影日:平成28(2016)年8月


撮影日:平成28(2016)年8月


撮影日:平成28(2016)年8月


撮影日:平成28(2016)年8月


所在地:千代田区神田駿河台二丁目6番地

このページの先頭へ