本文へスキップ

パレスサイドビル


パレスサイドビルは高さ50mの2本の白い円筒が特徴的なビルです。
東京メトロ東西線の竹橋駅に直結し、毎日新聞社などのオフィス・商店・飲食店・郵便局等が入居しています。地下6階・地上9階建てです。


パレスサイドビル
撮影日:平成23(2011)年1月

パレスサイドビル
撮影日:平成23(2011)年1月

パレスサイドビル
大手濠を鏡面のようにして映る逆さビル  撮影日:平成23(2011)年1月


撮影日:平成29(2017)年4月


平成25年 こいのぼり・武者のぼり
パレスサイドビル名店会がお客様に季節感を味わってもらおうと、毎年、端午の節句の前に「こいのぼり」を掲揚しています。こちらは岐阜県の重要無形文化財に指定されている渡邊庄吉氏制作の郡上本染めです。「武者のぼり」も飾られて絢爛豪華です。

撮影日:平成25(2013)年5月


撮影日:平成25(2013)年5月


平成25年 七夕飾り
7月6日まで「七夕飾り」が行われました。ビル内の飲食店・商店の有志で組織する名店会が、季節感あふれる日本の伝統行事を楽しんでもらおうと6年前から続けている恒例行事です。ぼんぼり・笹・天の川をイメージした青白いLEDのイルミネーションがとても綺麗です。

撮影日:平成25(2013)年6月


撮影日:平成25(2013)年6月


撮影日:平成25(2013)年6月


撮影日:平成25(2013)年6月


平成26年 こいのぼり・武者のぼり
館内の飲食店や商店の有志で組織する「パレスサイドビル名店会」が、利用者に季節感あふれる日本の伝統的風習に触れてもらおうと、5年前から毎年この時期に展示しているものです。吹き流し・真鯉・緋鯉・青鯉の鯉のぼりが吊るされ、壁には風神・雷神、階段の上には、長さ7メートルもある武者のぼりが飾られています。これらの鯉のぼりや武者のぼりは、岐阜県の無形文化財に指定されている郡上八幡の紺屋「渡辺染物店」が400年以上前から伝わる郡上本染の技法で染め抜いたものです。




撮影日:平成26(2014)年4月


平成26年 七夕飾り
6月16日から7月7日まで「七夕飾り」が行われました。ビル内の飲食店・商店の有志で組織する名店会が、季節感あふれる日本の伝統行事を楽しんでもらおうと7年前から続けている恒例行事です。ぼんぼり・笹・天の川のイルミネーションがとても綺麗です。

撮影日:平成26(2014)年6月


撮影日:平成26(2014)年6月


撮影日:平成26(2014)年6月


撮影日:平成26(2014)年6月


平成27年 こいのぼり・武者のぼり
郡上八幡の鯉のぼり飾りです。

撮影日:平成27(2015)年4月


撮影日:平成27(2015)年4月


撮影日:平成27(2015)年4月


平成27年 第8回七夕まつり
6月15日から7月11日まで「七夕飾り」が行われました。ビル内の飲食店・商店の有志で組織するパレスサイドビル名店会が、季節感あふれる日本の伝統行事を楽しんでもらおうと8年前から続けている恒例行事です。ぼんぼり・笹・天の川のイルミネーションがとても綺麗です。


撮影日:平成27(2015)年6月


撮影日:平成27(2015)年6月


撮影日:平成27(2015)年6月


エレベーターホール  撮影日:平成28(2016)年1月


平成28年 こいのぼり・武者のぼり
館内の飲食店や商店で組織する「パレスサイドビル名店会」が、7年前から展示している 郡上八幡の鯉のぼり飾りです。

撮影日:平成28(2016)年4月


撮影日:平成28(2016)年4月


撮影日:平成28(2016)年4月


撮影日:平成28(2016)年4月


平成28年 第9回七夕まつり
6月6日から7月8日まで「七夕飾り」が行われました。ビル内の飲食店・商店の有志で組織するパレスサイドビル名店会が、季節感あふれる日本の伝統行事を楽しんでもらおうと9年前から続けている恒例行事です。ぼんぼり・笹・天の川のイルミネーションがとても綺麗です。


撮影日:平成28(2016)年6月


撮影日:平成28(2016)年6月


撮影日:平成28(2016)年6月


撮影日:平成28(2016)年6月


平成29年 第10回七夕まつり
6月5日から7月7日まで「七夕飾り」が行われています。ビル内の飲食店・商店の有志で組織するパレスサイドビル名店会が、季節感あふれる日本の伝統行事を楽しんでもらおうと9年前から続けている恒例行事です。ぼんぼり・笹・天の川のイルミネーションがとても綺麗です。


撮影日:平成29(2017)年6月


撮影日:平成29(2017)年6月


撮影日:平成29(2017)年6月

所在地:千代田区一ツ橋一丁目1番1号

このページの先頭へ