本文へスキップ

市内最初の並木


大手町一丁目1番2号先にある説明板です。

【明治8年「ニセアカシア」を、この道路に植えた。蘭学者津田仙翁が明治6年ウィーン万国博覧会の際に種子を持ち帰り育成したもので、外来種による東京市最初の街路樹である。なお、現在この通りの街路樹は「エンジュ」である。東京都】


撮影日:平成29(2017)年3月


撮影日:平成29(2017)年3月


撮影日:平成29(2017)年3月

所在地:千代田区大手町一丁目1番2号

このページの先頭へ