本文へスキップ

さくら(国立劇場)


国立劇場の前庭には、駿河桜(スルガザクラ)、駿河小町(スルガコマチ)、小松乙女(コマツオトメ)、神代曙(ジンダイアケボノ)、仙台屋(センダイヤ)などの珍しい桜が植えられています。


仙台屋(センダイヤ)  撮影日:平成25(2013)年3月23日
高知市内の仙台屋という店の庭にあったことが名前の由来です。ソメイヨシノよりも数日遅く開花する山桜系の桜です。



駿河桜の実生(スルガザクラノミショウ)  撮影日:平成25(2013)年3月23日
駿河小町と同様に、駿河桜の種から芽生えた桜を育てました。こちらは白い花をつけ、現在樹齢10年です。



駿河小町(スルガコマチ)   撮影日:平成25(2013)年3月23日
駿河桜の種から育てた国立劇場生まれの新品種です。花は大きく淡紅色で、花数が多い桜です。



小松乙女(コマツオトメ)  撮影日:平成25(2013)年3月23日
上野公園の小松宮像の近くにある桜を増やしたものです。ソメイヨシノよりもやや小ぶりの江戸彼岸系の桜です。



神代曙(ジンダイアケボノ)   撮影日:平成25(2013)年3月23日
神代植物公園(東京都調布市)で栽培されている桜です。ソメイヨシノよりもひときわ鮮やかな紅色の花をつけます。


神代曙(ジンダイアケボノ)   撮影日:平成27(2015)年3月28日


神代曙(ジンダイアケボノ)   撮影日:平成27(2015)年3月28日


撮影日:平成28(2016)年3月


撮影日:平成29(2017)年3月


撮影日:平成29(2017)年4月2日

所在地:千代田区隼町四丁目1番

このページの先頭へ