本文へスキップ

天守台(皇居東御苑)


江戸城天守閣最後の「寛永の天守閣」は、寛永15(1638)年に建てられたもので、金色の鯱をいただく5層のものでした。その「寛永の天守閣」は明暦3(1657)年の大火で焼失しました。
明暦の大火の翌年、加賀前田藩により花崗岩でできた高さ18mの現在の天守台が築かれました。しかし、四代将軍家綱の叔父である保科正之の「戦国の世の象徴である天守閣は時代遅れであり、それより城下の復興を優先すべき」との提言があり、以後天守閣が再建されることはありませんでした。

天守閣跡
撮影日:平成21(2009)年10月

天守閣跡
撮影日:平成24(2012)年7月

天守閣跡
撮影日:平成24(2012)年7月


撮影日:平成26(2014)年3月


撮影日:平成26(2014)年6月


撮影日:平成26(2014)年6月


撮影日:平成27(2015)年5月


撮影日:平成27(2015)年5月


撮影日:平成27(2015)年5月


撮影日:平成28(2016)年11月


撮影日:平成28(2016)年12月


撮影日:平成28(2016)年12月


撮影日:平成28(2016)年12月


撮影日:平成28(2016)年12月


撮影日:平成29(2017)年2月


撮影日:平成29(2017)年2月


撮影日:平成29(2017)年2月

所在地:千代田区皇居東御苑

このページの先頭へ