本文へスキップ

和田倉門跡・和田倉橋


ここは、徳川家康が江戸入りした時に、土衆通行のために橋が架けられ、門が設けられたところです。蔵の御門と称しましたが、後に、和田倉門と呼ばれるようになりました。橋は昔のままの姿に復元されました。

和田倉門跡・和田倉橋
和田倉橋  撮影日:平成24(2012)年5月

和田倉門跡・和田倉橋
和田倉橋  撮影日:平成24(2012)年5月


和田倉橋  撮影日:平成25(2013)年2月


和田倉橋  撮影日:平成25(2013)年2月


和田倉橋  撮影日:平成25(2013)年2月


撮影日:平成25(2013)年2月


守衛所跡(和田倉門交差点)  撮影日:平成28(2016)年6月


守衛所跡(和田倉門交差点)  撮影日:平成28(2016)年6月


守衛所跡(和田倉門交差点)  撮影日:平成28(2016)年6月


和田倉橋  撮影日:平成28(2016)年12月


和田倉橋  撮影日:平成28(2016)年12月


和田倉橋  撮影日:平成28(2016)年12月


和田倉橋  撮影日:平成28(2016)年12月


和田倉橋  撮影日:平成29(2017)年2月


和田倉橋  撮影日:平成29(2017)年2月


守衛所跡(和田倉門交差点)  撮影日:平成29(2017)年3月

所在地:和田倉噴水公園の北東、パレスホテルの南東側

このページの先頭へ